白い器の魅力

器、といっても種類は様々で、カラフルなものから白いものまで好みに合わせた器を選ぶことができます。

中でも白い器は定番中の定番で「料理を最も映えさせられる」と、プロの料理人の方も好んで使われます。
白い器は一見するとどれも同じように見えますが、よく見てみるとメーカーごとにその白さは異なります。たとえばウェッジウッドは乳白色、マイセンなどは青みがかった白など、陶磁器の原料に含まれている不純物をどの程度取り除くかなどによって、白さが異なります。

ただし、白くない=不純物が入っている=品質が良くない、というわけではありません。それぞれの白はメーカーがこだわって生み出している白さです。お好きな白を探してみてください。

食器の基本はなんといっても白、ですから初めて食器を買う方や何を買ったらいいか迷っている方は、まず白い器を選んでみてはいかがでしょう。白といっても、真っ白い無地からレリーフなどが入った白などバリエーションはさまざま。まずはお好みのものをまずは見つけるというのも、食器をそろえる上での楽しみの一つではないでしょうか。お料理によって、白を使い分けるというのもいいですね。