ヘレンド / HEREND

ヘレンド窯のはじまり

ハンガリーのブタペストから南西へ110km、牧歌的な村の名前がヘレンドです。
ここにあった小さな陶器工場をモール・フィッシャーが買い取ったのが1839年。以来、磁器生産に切り替え、テーブルウェアの製作に力を注ぎます。
1862年、オーストリアの女帝マリア・テレジアが育成したウィーン窯が閉鎖することになり、そのデザインの継承を許されたヘレンドは、一躍ヨーロッパの名窯となりました。(当時のハンガリーはオーストリア帝国の統治下にありました。)

宮廷での宴を彩るヘレンド

1866年、当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨゼフがハンガリー皇帝を兼ねるようになると、宮廷での宴をヘレンドのテーブルウェアが彩ることになります。 こうして隆盛を極めたオーストリア宮廷と共に、ヘレンドは大きく発展していきます。
現在では国営となったヘレンドの工場は、マスターペインターの称号を得た絵付け師たちが、仕事に打ち込んでいます。

ヘレンドとシノワズリ

2017.03.27

ヘレンド開窯190周年

2016.01.26