マイセン / MEISSEN

17世紀、ぼってりと厚い陶器しか産出しなかったヨーロッパでは、透けるように薄手の東洋の磁器は金銀にも優る憧れでした。王侯貴族が少数の磁器をこぞって宝物のように秘蔵していましたが、ついには同じものを作り出したいと願うようになりました。

ザクセン候アウグストは、錬金術師のベドガーに白磁の製作を命じました。アルプレヒト城に幽閉されながら試行錯誤を続けたベットガーは1709年、ついに白磁の製作に成功しました。白磁を見て狂喜したアウグストは、城内に磁器工房を設立し、この技術が漏れないようにベットガーを軟禁しながら製作を軌道 に乗せていったのです。

「マイセンの誇る20世紀の巨匠たち」を読む

「マイセンのバックスタンプの変遷」を読む

参考ページ「ヨーロッパ最古の名窯 マイセンの人気シリーズ」を読む