ウェッジウッドのバックスタンプ

バックスタンプの見方

 wedgwood_backstanmp_03

現在生産されているバックマークには、Wマークの中にウェッジウッドを世界的に有名なブランドにした一因ともなった「ポートランドの壷」のシルエットがデザインされています。また、ソーサーの裏面にはWild Strawberryなどのシリーズ名の他、Bone China(白さと独特の透明感を出すために骨粉を含有した、イギリスを代表する高級磁器)という文字が入っています。

t_wedg_08

裏面にときどき金の小さな線のようなものが入っている場合がありますが、これは金彩の際に職人が筆先を整えるために描かれたもの。 手がけた職人の好みにより、付いていたり、いなかったりします。(左下写真)その他、無色の小さな数字の刻印も見かけることがありますが、これは、多数の窯を持つウェッジウッドの整理番号のようなもので、こちらも必ず入っているとは限らないようです。ウェッジウッドのティーソーサーには、シリーズ名が入っているので、洋食器入門者には、ありがたいブランドでもあります。

 

バックスタンプの変遷

t_wedg-stamp_01

1759~69年、バースレムでジョサイア・ウェッジウッドによって使われたと推定されるもので、おそらく最初のマークであると考えられる。

t_wedg-stamp_02

 

非常に数少ないマークで、1764~69年にベル・ワークスで使用。

 

 

t_wedg-stamp_03

1759~69年頃からいろいろなサイズで使用。

t_wedg-stamp_04

内枠と外枠のない円印で、さらに「エトルリア」の文字も入ってないが、おそらく1769年のウェッジウッドとベントリーの最初の印。

t_wedg-stamp_05

このマークは、「エトルリア」という文字があって、古いバサールトの壺の基底の内側の隅に付いている。時として、胸像や大きな肖像の台座に見られる。1769~80年。

t_wedg-stamp_06

内と外に線の入ったこの印は、常にバサールトや「エトルリア」の壺のスクリューの周りに押されている。しかしジャスパーには見られない。1769~80年

t_wedg-stamp_07

独特な手描きのマーク。ウェッジウッド=ベントリー。1769~80年。

t_wedg-stamp_08

ウェッジウッド=ベントリーのインタグリオに付されている。それぞれに大きさの異なったカタログナンバーがついている。1769~80年。

t_wedg-stamp_09

非常に小さいインタグリオには、時々W&Bとカタログナンバーのみが付されている時もある。1769~80年。

t_wedg-stamp_10

チョコレート色と白色の印章用インタグリオにのみ見出される、珍しいマーク。光沢のある縁取りが付き、二重の粘土層ででき上がっている肖像である場合が多い。

t_wedg-stamp_11

このマークはいろいろなサイズがあり、胸像、グラニット、バサールトの壺、人形、飾り板、メダイヨン、カメオに見出される。極めて大きな陶板から小さなカメオにいたるまで付されている。1769~80年。

t_wedg-stamp_12

大きさはいろいろあるが、このマークはベントリーの死(1780年)後のものとされる。おそらくジョサイアの死(1795年)後しばらく用いられたものであろう。

t_wedg-stamp_13

1790年に短期間使用された、珍しいマーク。

t_wedg-stamp_14

ジョサイア・ウェッジウッド2世のマーク。おそらく事業における新しい協力関係あるいは変化があったことを示す。いくつかの三脚付バサールト製香合にのみ見出せる。
この日付は、1805年にこのデザインが最初に登録された年を意味するのであろう。 "Feb.2"の代わりに"2nd Feby"となっている時もある。

t_wedg-stamp_15

このマークは1812~22年間に製作されたボーンチャイナや陶器に見られ、常に赤または青か金でプリントされている。

t_wedg-stamp_16

1769年から今日まで、この印はクィーンズウェアの本体にじかに刻まれているか、色でプリントされている。
最近では、「エトルリア」と「バーラストン」という言葉、さらにパターンの名称が、多くの場合トレードマークと共にプリントされている。 1780年から装飾用ジャスパー、ブラックバサールト、ケーン、テラコッタ、クィーンズウェアにはこの印が常に記されている。 1891年「イングランド」という名称がこれに加えられた。

t_wedg-stamp_17

これらのマークは、非常に高級品にまれに見られる。1840年頃に用いられたがごく短期間使用されたのみである。

t_wedg-stamp_18

このマークは、1878年、ボーンチャイナの製造が復活した時に採用された。さまざまな色彩でプリントされている。

t_wedg-stamp_19

これは、「マッキンレー税関法」として知られているアメリカの関税規則にそうため1891年ウェッジウッドというマークに追加されたもの。

t_wedg-stamp_20

1878年のマークから開発されたマーク。1974年に円の中に書かれたRが、バックスタンプに追加されたが、これは、"Wedgwood"の名が登録商標であることを示すものである。

t_wedg-stamp_21

この印は、色でプリントされ、今日、クィーンズウェアに付されているが、1940年から始まっている。円の中のRの意味は同上。

t_wedg-stamp_22

1998年中頃から使用されるようになったマーク。「ポートランドの壺」がデザインされている。

t_wedg-stamp_23

グラス&フォークのマークは、ヨーロッパにも日本で言うところの「食品衛生法」があり、EU規則に基づいて「その検査を受けました」「食品検査合格」ということを表すマークとなります。
2005年から義務付けされたため、同じシリーズでも製造の時期によってマークの有る・無しがあります。
このマークにより、WEDGWOOD製品は、安全性も優れていることが確認できます。